増加傾向にある

タクシーの求人状況について

アベノミクス効果によってタクシー求人が増えていますが、特定の業界や企業にのみ求人が増加しているのではなく、全体的に求人数が増加しているから、このように言うことができるのです。消費税増税に伴う求人数の減少が見込まれましたが、実際にはそうではなく、求人数が安定的にキープされています。こうした好景気に後押しされて、タクシーの求人も増加しているのです。もちろん、以前よりタクシー業界は求人数が安定的に多くありました。基本的に全国区レベルで募集しているので、求人数は他の職種に比べて多いのですが、しかしながら、ここ近年は新卒採用にも非常に積極的で、企業が採用活動に力を入れていることが伺えます。

今後の求人状況について

タクシー業界の求人は今後どうなっていくのか、これは転職を考えている異業界の人はもちろん、実際に職に就いている人にも関心の深いところです。それではどのようになっていくのかというと、結論からいうと、今後は男性だけでなく女性にも門戸の開かれた求人が出されるようになります。これはタクシー会社の方針変更が要因です。高齢者向けのサービスが充実しており、ヘルパーの資格を持った人を採用する傾向も現れているのです。つまり、ヘルパー有資格者というのは、基本的に女性に多いので、そういうことから、女性が採用される可能性が高くなります。実際に女性の雇用率が年々増加しているのです。女性ならではのきめ細かい対応も顧客にとっては嬉しいサービスです。